医療用DWH(データウェアハウス)で病院の「見える化」を実現

株式会社医用工学研究所

情報通信業津市

医療用データウェアハウスシステム「CLISTA!」を中心とした製品により診療情報の二次利用を促進し、医療現場のサポートを行っている。

社長インタビュー

「常に変化をし続け100年200年続く会社へ」代表取締役社長 北岡義国さん (ミエル!→気さくな北岡社長の趣味は楽器演奏。夢は「北岡ホール」を作ることだそうです!)

起業は自然な流れ

三重大学の電気電子工学科を卒業後、当時は地元志向が強かったため地元石川県のメーカーの商社にて生産設備のシステム関係の仕事をしていました。その後は一度名古屋で仕事をした後、三重大学大学院に入り医学部で医療情報関係について学び、現在の仕事につながっています。電子工学やシステムといった分野に興味を持つようになったのは、おそらく家庭環境からだと思います。我が家では、早々と家庭にパソコンが登場し小学校の3年生くらいから触れられる環境がありました。起業したいと考えるようになったのは二十歳くらいの頃でしょうか。実家も工作機械の設計製造の事業を営んでいたので、自分も起業したいと思ったのは自然な流れでしたね。

「苦労を感じたことは特にありません」

会社を辞めて大学院に入るときには大丈夫だろうかという不安はありました。ですが、この仕事をしてきて苦労をしたことと聞かれても、何も思い浮かびません。一生懸命やってきたことは苦労だと思いませんし、細かい失敗はありましたが、その都度反省をしながら、様々な方の協力にも支えられ、これまでやってきました。もしかしたら、ストレス耐性は強いのかもしれませんね。

診療情報の二次利用を専門でサポート

当社は、医療用データウェアハウスシステムの立案・開発・導入、それに付帯するコーディネート等のサービスを行っています。病院の中というのは、診療情報(電子カルテ)や物流等、様々な情報が行き来しています。こういった情報を集めて二次利用し、病院での研究や経営、日常業務へ活用するための仕事を専門でやっている会社です。

全国各地の病院のサポートをするために、東京・大阪にも営業所を設けています。サポート拠点として東京や大阪はとても重要ですが、本社機能・開発機能はこれからも三重から動かすつもりはありません。交通の便などを考えても不便はしていませんので、「本社は都市になければ」という必要性は感じていません。ここ三重の地から全国へ世界へと広げて行きたいと、起業した頃からずっと思っています。

「組織力」を高める

直近の課題は内部管理の問題です。会社の仕組みづくりをしっかりやって足場を固めたいですね。「組織力」をもっと高めたいと考えています。現在、社員は25名いるのですが、自由な社風で社員みんながのびのびと仕事ができるのが良いと思っています。ただ、例えば社長がいなくなって会社が成り立たないというのは、会社にとって大きなリスクです。100年200年続く会社にしていきたいと思っていますので、そのためにはリスクは減らしていかなければいけません。自由なところは残しつつ、社長がいなくてもちゃんと会社が回るようにしたいと考えています。管理のための管理ではなく、会社が組織として能動的に動けるための仕組みづくりをしていく必要があると思っています。他にも例えば営業力だったり、ひとりひとりのレベルアップだったり色々な課題はありますが、「組織力」を高めることでそういった課題は解決します。外側ばかりではなく内側にも向いていかなければいけないと感じています。

代表取締役社長 北岡義国さん

社員インタビュー

「難しい案件や新しい分野にも積極的に挑戦!」営業マネージャー/入社2年目/33歳 髙木優さん (ミエル!→営業マネージャーとして各地を飛び回り活躍する髙木さん。常に前向きに努力する姿勢が伝わってきました。)

社長の魅力で入社を決意

私はシステムの営業をしています。日々の業務は、システムのデモンストレーションやプレゼン、見積もり・仕様書・提案書作成などです。直接病院へお伺いし、システムのご紹介やスケジュールのご提案をさせていただいています。

入社する前は、大阪の電子カルテメーカーで8年間勤務していて、システム導入のSEと営業を経験しました。ただ、いずれは地元の三重県に戻って働きたいと思っていました。地元で、自社製品を持っている所で働きたいという希望は強かったですね。自社製品にこだわったのは、やはりお客様からの要求をダイレクトに反映できるからです。その部分での希望とも合致しましたし、データウェアハウスという新しい分野が面白そうだと思い、直接問い合わせをして入社に至りました。

面接で初めて社長と会ったとき、びっくりしました。すごく気さくな人だな、と。会社の雰囲気もわきあいあいとしていて、社長もアグレッシブな人でとても魅力的だったことも入社を決めた理由です。

何でもチャレンジさせてくれる社風

はじめて担当した案件が通常のパッケージの提案ではなく、改良を加えた提案が必要なところでした。実際にはとても大変でしたが、社長や周りの方々のサポートがありましたし、自分自身でも勉強を重ねました。入社してみて感じたのは、積極的にチャレンジさせてくれる社風だということです。お客様に自由に提案ができる雰囲気があります。スケジュールを立てたり、提案の仕方は自由です。

やりがいを感じるのは、やはり案件を受注したときです。特に、難しい案件でニーズが高いお客様に対して、提案をまとめ何回もやりとりをして受注に至ったときは特に嬉しいです。私自身は、難しい案件だと「やってやろう」と燃えるタイプです。

課題は「提案力」

今期のはじめに営業マネージャーになりましたので、個人だけでなく営業全体の目標達成に向けた仕組みづくりをしていきたいと思っています。直近の課題は、自分自身と営業全体の提案力を上げることです。病院によって様々なニーズがあるので、それぞれに対応していけるようにしなければいけません。ニーズに対しての訴求力を蓄積していく必要があると思っています。現状では、今までやってきた事例を営業力として活かしきれておらず、武器として使えていません。実績の吸い上げとそれを伝える力、「こういう使い方をするとこういう効果がある」というところをもっと活かして提案していきたいですね。

営業マネージャー/入社2年目/33歳 髙木優さん

商品紹介

医療用データウェアハウスシステム「CLISTA!」診療情報の二次利用をサポートする医療用データウェアハウスシステム(ミエル!→顧客のどんな要望にも応えるためにすべてを内製で行うというところに強い「こだわり」を感じました。)

主力製品である医療用データウェアハウスシステム「CLISTA!」は、病院内の様々なデータ(電子カルテ、オーダリング、医事データ等)を集約し、その集約されたデータから自由自在に統計資料を出力や分析することが出来るシステムである。日々の診療データを数値化することで「見える化」し、臨床や研究、経営に役立てることができる仕組みだ。

医用工学研究所の製品の特徴は、この「CLISTA!」と疾病管理システム「iCatch up」という2つの主力製品をベースに、診療情報の二次利用に関する周辺のツールを取り揃えているところである。原価計算や診療を支援する仕組みなどを揃えており、現在病院からのニーズとして挙がっているものに対しては、どういった切り口でも提案をすることが出来る。また、北岡社長の「技術は人に宿る」という考えのもと、ソフトウェアも外注に頼むことはなくすべて内製で行っている。システムの導入においても専門メンバーが行うため、そういった場面で顧客ニーズを正確に汲み取り、提案を行うことができるところも魅力のひとつだ。

現在約60施設にて導入されているが、実際にユーザーが情報をうまく活用できているのかどうかは課題のひとつでもある。医用工学研究所では、そういったユーザーに対するフォローアップとして「アナリストサービス」を行っている。病院の中には情報分析の専門家が不足しており、病院の経営状態を正しく把握し経営層に提案できる人が十分にいない現状がある。そういった中で、経営に関する情報を集めレポートとして提示を行う。この「アナリストサービス」によって、現状をベースにして客観的な評価をして提供をすることで、病院へのサポートを強化している。

医用工学研究所のオフィスを訪れると、真っ先にグリーンの壁が目に飛び込んでくるが、HPや製品パンフレット、名刺等もすべて「健康」をイメージするグリーンで統一しているそうだ。今や業界内では、「医用工学研究所」という社名よりも「CLISTA!」という製品名で認知されることが多くなってきた。製品のブランディングにも力を入れ、「CLISTA!」を医療用データウェアハウスのデファクトスタンダードにしていくことを目指している。

会社プロフィール

株式会社医用工学研究所

代表者
代表取締役社長 北岡義国
従業員数
25名
資本金
1,000万円
設立
2004年12月14日
本社所在地
〒514-0004 三重県津市栄町3丁目141番地1 モアビル6階 TEL:059-221-5311 FAX:059-221-5312 URL:http://www.meiz.co.jp/
業務内容
医療用データウェアハウス(病院の経営支援、診療支援、研究支援、業務効率の改善)の立案・構築・導入 コーディネートを含む、上記に付帯する一切の業務 ※ CLISTA!で、病院内の統計・分析・検索などのデータ利活用業務の自動化・省力化・効率化を実現し、病院を「見える化」します。

(2013年11月18日取材時の情報です)

アクセス

お問い合わせ

株式会社医用工学研究所へのお問い合せは下記のフォームより必要事項を記入のうえ、送信してください。

ご入力いただいた個人情報はお問い合わせ、および返答にのみ使用いたします。

*は必須項目です

送信いただいたお問合せ内容はミエル運営会社「株式会社アーリーバードエージェント」を通じて掲載企業様にお問合せを行います。